疲れが溜まったときにカンジダが発症する理由

女性がよくかかることでも有名なカンジダ症ですが、そもそも人間の体に常に存在している常在菌であることから男性も女性もどちらも持っている菌です。
カンジダ症にかかってしまう原因は様々ですが、中でも最も多い原因、そして感染理由は自己感染によるもの。
体調不良による免疫力の低下などが原因で、体からカンジダ菌を追い出す力がなくなってしまい、菌が繁殖することでカンジダ症が発生してしまうのです。

性器カンジダ症、外陰カンジダ症、膣カンジダ症の9割は、自己感染が原因です。
カンジダと聞くと性病であることを思い浮かべ、性行為からの感染というイメージが強いので、いまだに多くの人が原因として性行為をした相手からの感染を連想するようですが、実際に性行為によってカンジダ症にかかる割合は10パーセント以下なのです。

そもそもカンジダ症を発症する原因の一つは免疫力の低下です。
過労や寝不足が続くと疲労がたまり、体の中にある殺菌やウィルスを除去する力が低くなってしまいます。
そのために免疫力が低下することで普段は抑えられている菌を抑えられなくなり、菌が繁殖してしまうのです。
また、疲労がさほど酷くない場合でも抗生物質を多用した結果カンジダ症が発症してしまうこともよくあります。
抗生物質は悪玉菌の増殖を抑えて菌が繁殖するのを防ぐ作用がありますが、悪玉菌だけでなく善玉菌の繁殖をも抑えてしまうためです。
善玉菌があって免疫力を高め健康を維持しているので、それがなくなってしまうと体の中でカンジダ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

また、糖尿病にかかるとカンジダ症を発症する可能性があります。
糖尿病は血管をボロボロにしたり肝臓の機能を低下させるなどして体の免疫力を下げてしまうからです。
性行為でも割合は低いとはいえ感染の恐れがありますから、現在自分は疲れているなどの自覚がある時には性行為は控えるほうがよいかもしれません。
体の構造上、男性から女性への感染はしやすいのですが、その逆はあまりありません。

再発しやすいカンジダの対策方法

カンジダ菌は常に体の中にいますので、再発しやすい症状であると言えます。
女性の場合にはカンジダになりやすい時期というのがある程度判っていますので、その時期には注意をすることが必要です。
まずは妊娠中。
妊娠中は普通の免疫力をもった状態では赤ちゃんを異物とみなして攻撃してしまうため、免疫力が低下します。
そのためにかかりやすくなるのです。

月経前、月経中も発症しやすい時期です。
月経前はプロゲステロンが増加し、膣内が酸性になります。
カンジダ菌は酸性を好むため、月経前は繁殖しやすくなるわけです。
この時期には再発防止のために栄養をきちんととり睡眠に注意をして免疫力を高めましょう。
月経中はナプキンを使うため、陰部の湿度は高い状態になります。
湿度の高い場所はカンジダ菌が発生しやすいため、頻繁にナプキンを取り替えて清潔な状態を保つことが対策になります。

不規則な生活を送っていることでストレスが溜まり、体が疲れてしまって免疫力が下がる、もしくは別の病気にかかってしまい抗生物質を多用している、そんなことで再発しますから、予防方法はとにかく規則正しい生活を心がけることです。
お風呂にはしっかりと使って体を温め、夜は睡眠時間を確保するようにしましょう。
また、カンジダ症に感染している人と性行為をすると再発してしまいます。
100パーセント防ぐことは難しいのですが、対策はあります。
性行為をする場合には必ずコンドームをつけるようにしましょう。
性行為の前後には体を綺麗に洗うことも大切な予防方法です。
そうすることで再発の可能性は低くできます。

大切なのは自分の免疫力を下げないことです。
ちょっと今週は疲れたな、ストレスがたまっているな、と思ったら気分転換に外で体を動かし、夜はお風呂に入って体を温め、しっかりと眠ることです。
免疫力をたかめて健康を維持しましょう。