咽頭クラミジアの特徴について

咽頭クラミジアとは、性行為などが原因で咽頭にクラミジア菌が感染することで生じます。
クラミジアは性器クラミジアが性感染症として広く知られていますが、性器周辺だけでなく咽頭に感染する可能性があります。
感染経路としては、性器を口に含む行為などで、性器クラミジアに感染している人の性器が咽頭に接触すれば、細菌感染が起こるの不自然ではありません。
また、すでに咽頭クラミジアに感染し、口内に菌を保有している人とディープキスすることで、菌が移動し感染することも見られます。

クラミジアの感染経路はシンプルですが、性行為は行わずディープキスだけでも感染する場合があるため、喉に違和感を感じる原因が咽頭クラミジアと気付かないことも多いのが特徴です。
風邪や扁桃炎と勘違いしたまま、治療を行わないまま感染を広げてしまうケースも少なくありません。
喉にクラミジアが感染したからといって、菌が勝手に性器に移動したり、その反対に性器の感染したクラミジア菌が喉へ移動する心配はありません。
ただし、恋人や夫婦など性行為を行うパートナーのどちらかが性器クラミジア、咽頭クラミジアのどちらかに感染すると、性行為を通じて二人ともが性器と咽頭の両方に感染してしまうケースが非常に多くみられます。

症状は喉の痛みや違和感、痰が絡みやすくなったり扁桃腺に腫れが現れるなどがあります。
基本的に慢性的な症状が続き、激しい腫れや痛みの症状が発生することはまれです。
風邪と区別しづらい症状が特徴ですが、短い期間で自然と治癒していく風邪と比べて、クラミジア菌が自然治癒するには長い時間がかかります。
菌に感染する可能性がある性行為を行ったり、長い期間症状が治まらない場合など、病院に行って調べる必要があります。

咽頭クラミジアは細菌が原因のため、市販の風邪薬などを服用しても治ることがありませんので注意しましょう。
病院では菌が存在しているか調べ、細菌の存在が確認されれば効果的な抗生物質を処方してくれます。
喉の粘膜に加えて血液や尿なども調べておけば、性器クラミジアになっていないかも一緒に確認できます。
病院の診療科は耳鼻科や性病科が専門ですが、菌がいるかどうかを調べるだけならば郵送でのキットを利用することが可能です。

咽頭クラミジアと扁桃腺炎、咽頭炎の違いとは?

咽頭クラミジアと扁桃腺炎、咽頭炎の症状は非常に似ているため、区別するのが難しいという特徴があります。
特に咽頭クラミジアは症状が無い場合や症状がごく軽い場合も多く、自覚症状に乏しいケースが多く見られます。
自覚症状がほとんど無い場合、喉の違和感を軽い風邪と勘違いしたまま、感染した状態で放置してしまうリスクがあります。
また、感染に気付かないまま性行為に及ぶことで、相手に感染を拡大してしまう可能性も十分に存在するのが特徴です。

咽頭クラミジアと似ていますが、扁桃腺炎は咽頭炎よりも比較的区別しやすい症状が現れます。
扁桃腺炎は、その名の通り扁桃が細菌やウイルスによって炎症を起こす病気です。
舌の付け根付近の両側にある丸い膨らみが扁桃で、口を大きく開けると目視することができます。
ウイルスや細菌の侵入を防ぐため、白血球を多く含んだリンパ組織です。
扁桃炎になると、左右の扁桃が赤く腫れ、激しい喉の痛みや高熱、倦怠感や関節痛などの症状が現れます。
そのため、鏡などで自分の扁桃を確認すると、赤く腫れているのがわかります。

咽頭炎とはは喉の部分にウイルスや細菌が感染した時に起こる炎症で、喉の痛みに加えて頭痛や発熱、咳や喉の渇きなど、様々な症状が現れるのが特徴です。
特殊な病原菌が原因になっていますが、咽頭クラミジアも咽頭炎の一種に分類できます。
喉を見れば赤く腫れている場合もありますが、喉の奥にウイルスや細菌が侵入した場合、扁桃炎と違って見た目には明らかな所見が無く判断が難しい病気です。

通常の咽頭クラミジアの治療で使用される抗生物質は複数の種類があり、症状が続いている期間や症状の主あさで、処方される抗生物質が選択されます。
服用すると3日程度で効果が現れてきますが、菌は死滅せず潜伏した状態のままです。
途中で薬の服用を中止すると再発のリスクがあるので、きちんと用法用量を守って薬を服用するのが重要です。