カンジダは性行為を介さずに発症する

カンジダは知名度の高い感染症のひとつです。
基本的な性病は性行為などから感染するものを指しますが、カンジダ菌はどこにでも普通にいる菌の一種で、誰でも体に持っていたり、感染する可能性の高い普通の菌といえます。
また感染したからといって直ぐに発症するわけではなく、基本的に健康的な体であれば症状に悩まされることはないといわれています。

人間の体には様々な菌が存在しており、体が健康な場合、それぞれがバランスを保っている状態といわれます。
しかしこのバランスが崩れると、カンジダ菌の力が強まり病気が発症してしまうといった仕組みになっています。
とくにストレスや体調不良、抗生物質を長く服用することで体内バランスが崩れているなど些細なことが引き金になり発症することがほとんどです。
一般的な性感染症とは違い、特別な菌やウィルス・原虫などが原因ではないので、基本的な感染予防の方法はありません。
性行為時に感染することもありますので、他の性病の感染を予防する意味でもコンドームなどを使用することをおすすめします。

また感染したからといって、カンジダ菌を体内から0にするといった治療法も存在していません。
カンジダ菌を0にすると今度は別の菌が強くなりすぎ、別の症状に悩まされることもあります。
カンジダの特徴的な症状のひとつに激しいかゆみやかぶれなどがあります。
多くの性感染症などにもよく見られる症状で見分けがつかない場合もあります。

このような場合は早急に医療機関を受診し、治療を受けることをおすすめします。
カンジダは自然治癒することもありますが、放置すればそれだけ炎症が広がり重症化することにもなります。
病気の症状が進行し、膣内や子宮の奥にまで炎症が広がるとかゆみ・痛みや発熱など生活に支障がでたり、かなりの不快症状に悩まされる場合もあります。
近年ではすぐに結果がわかる簡易キットなどを使用する病院が多く、すぐに適切な治療を受けることができます。

カンジダの治療方法とは?

カンジダは性別年齢問わず感染し発症する珍しくない病気です。
基本的な治療方法は年齢や性別によって異なります。
男性は性器の構造上、女性のように薬を中へ入れることはありません。
治療用のクリームなどを清潔にした患部に完治するまで毎日塗りこむ必要があります。
通気性のよい服装や患部を清潔に保つことで治療がはやく終了することもあります。
夏場や服装などの構造により蒸れやすい環境を生みやすくなります。

また女性は明確な症状があらわれることも少なく無症状なケースも多いのでパートナーなどが発症した場合は特に気をつけるようにしましょう。
女性は性器の構造上、カンジダになりやすいので様々な注意が必要です。
薬は膣の中に入れる「膣用の錠剤」とデリケートゾーンに塗りこむクリーム状のものが使用されることがほとんどです。
この錠剤は様々なタイプがあり、一回入れて1週間の効力のものや毎日自分で挿入しなければならないものまでありますが
自分で選ぶことはできませんので、医師の診断に従うようにします。

赤ちゃんや低年齢の女子なども発症することがありますが、この場合は膣用の錠剤は使用せず、クリームタイプの薬剤で治療し様子をみます。
また化繊のレギンスやタイツ、ジーンズといった空気のこもりやすい服装でも発症したり症状を進行させたりするので、治療中は通気性に注意するようにします。
この病気は女性が男性のように無症状であることは非常に稀で何かしらの異常が見られることがほとんどだといわれています。
またパートナーなども感染しやすいことも特徴のひとつです。
どちらかに発症が見られた場合は2人で医療機関を受診し、治療などを受けることも重要なポイントになります。